今、母校では

進路だより

今年三月の卒業生の進路状況は左の表のとおりです。
進学希望者は年々増加傾向にあり、昨年度は過半数を超え、特に四大進学者が増加し、検定資格を生かした商業科推薦やAO入試を中心に進学しました。また、専門学校への進学も人気があります。
学校就職に関しまして、昨年は、特に男子向きの現業職を中心に求人が増加しました。しかしながら、女子にとっては事務職を中心とした求人は十分とは言えず、まだまだ厳しい状況でした。このような中で内定状況は例年と同様に順調で、卒業までには学校就職希望者のほとんどの進路の目途がつきました。
ただ、最初から就職も進学もしないフリーター志向や、気に入った職種が無く、学校就職をあきらめたり、当ての無い縁故就職希望のまま卒業を迎える生徒が近年は目に付きます。早くから卒業後の進路について考えさせていくことが大切だと思われます。
これからも生徒が希望する進路の実現のために、教職員一同、全力で取り組んでいく所存ではございますが、諸先輩方におかれましても、ご理解の上、ご協力頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 

進路状況(平成20年3月卒業生275名)